JRの中途採用で落とされやすい人について

JRの中途採用で落とされやすい人とは?

スポンサードリンク

JRの中途採用を目指している人であれば、年齢制限や筆記試験の内容や倍率などが気になってしかたないことでしょう。

しかしながらJRの中途採用の面接を受けようとする人には、筆記試験や倍率以上に気をつけていただきたい落とし穴があるのです。そこで今回はJRの中途採用で落とされてしまう人についてご説明しましょう。

極度の鉄道好き(鉄道マニア)は採用されない可能性がある

実はJRは中途採用に限らず新卒の場合でも、いわゆる鉄道マニアとか鉄道オタクと呼ばれるような人は採用しない可能性が強いと思われています。

理由にはいくつか考えられますが分かりやすい例としては、JRの備品や販促物などを自分のコレクションにしてしまわれるのを防ぐため。もちろん全ての鉄道マニアと呼ばれる人をJRに中途採用したからといって備品の私物化をするとは限りませんが、100パーセントないとは言い切れません。

スポンサードリンク


さらに昨今の鉄道マニアのマナーの悪さも目立つようになったこともあり、少なくともJR側は鉄道マニアに対して良い印象はもっていないと考えられるからです。

もちろん1人のお客様として大事に思っていることは確かでしょうが、多くの他のお客様に迷惑をかけてしまうようでは煙たがられても仕方がありません。

JRの中途採用をパスするためには、鉄道が好きであることは十分に必要な要素なのは確かですが、JRの役割はあくまでも社会に必要な交通機関だということを認識する必要があります。決して自分の好奇心を満足させるためにあるわけではないのです。

そのため「電車を運転したい」「車内アナウンスをしてみたい」等の単なる自分本位な考えであってはJRの中途採用をパスすることは難しいでしょう。

もしあなたが鉄道マニアと呼ばれるような人で、どうしてもJRの中途採用を目指しているというのであれば、JRでの仕事を通じて社会の役に立ちたいというような、あくまでも社会に対して価値を提供したいという思いを伝えることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ