転職の履歴書の書き方でやってはいけないこと。

転職の履歴書。絶対に評価されない書き方とは?

スポンサードリンク

転職の履歴書は書類審査に通過するためにも、100パーセントの力を振り絞って書くようにしてください。転職の履歴書には志望動機、自己PR、退職理由など、応募先にかける熱意を思い切り書き綴るのです。

しかしながら履歴書の書き方には、転職者がミスしやすい部分や勘違いしてしまっている部分が見受けられます。そこで今回はミスやうっかりを防ぐためにも、採用側に絶対に評価されない履歴書の書き方をご紹介します。

履歴書の記入欄に空欄が多い

まず、転職の履歴書の見本として覚えておいていただきたいことがあります。それは履歴書に記載されてある志望動機、自己PR、通勤時間、資格、趣味、特技、本人希望記入欄などの枠には、文字がいっぱいになるくらいまで記入すること。

スポンサードリンク


なぜなら全体が白っぽく見えてしまう空欄の多い履歴書は、意欲が感じられないため決して評価されないからです。採用側の立場になると分かるのですが、枠からはみだすほど企業への想いが綴られた履歴書と、空白の多い履歴書ではどちらの応募者を採用したくなるでしょうか。

字がきれいなだけではダメ

きれいな文字を書ける転職者はゴマンといます。しかし単に文字がきれいなだけでは担当者の心に響かないこともあるのです。そのケースとは「文字はキレイだけど雑」という履歴書を見た場合。

確かに履歴書に書かれた文字はきれいに整っているのですが、「丁寧」さが全く伝わってこないことがあるのです。逆に文字は下手なのに「丁寧」に書かれた履歴書は、担当者の心に響くことが多かったりします。文字は想いを伝える手段ですから、転職の履歴書はできるだけ丁寧に書くようにしてください。

まとめ

転職の履歴書というのは、これまでのあなたが歩んできた人生の歴史が反映されたものですから、丁寧な気持ちで一文字ずつ綴っていきましょう。最後に転職の履歴書にはできるだけ送付状(添え状)を添えることと、氏名の横に印鑑を押すのを忘れるような凡ミスには気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ