転職の面接で給料(給与)交渉をするときのコツ3つ。

転職の面接で給料(給与)交渉を上手にする3つの方法

スポンサードリンク

給料アップを目指すために転職を希望する人が多いのは事実です。しかしながら転職の面接では、どのように給料(給与)交渉をすれば満足のいく提示額を引き出せるのかを理解していますか?

給料問題はとてもデリケートな問題なため、交渉のやり方を一歩間違うと採否に大きな影響を及ぼしかねません。そこで今回は転職の面接で給料(給与)交渉を上手にする方法をご紹介します。

1.まずは企業研究を行うこと

企業によって転職者の給料(給与)に対する認識の持ち方は違います。給料(給与)交渉すること自体に嫌悪感を示す会社もあれば、自分の価値を客観的にお金に換算できないようではダメという会社も存在します。

スポンサードリンク


そのため応募先企業が給料交渉に応じてくれるのかどうかが分からないまま、むやみやたらと転職の面接で給料(給与)交渉をするのは絶対に控えておくべきです。まずは応募先企業が給料(給与)交渉が可能なのかどうかを判断する必要があります。

求人募集広告に記載されている内容や企業ホームページなどを丹念に調べていると、企業風土やおおよその企業体質が見えてくるはずです。

2.フライングをしないこと

採用担当者の反応を見計らいながら、交渉を切り出すのが上手なやり方です。転職者にとって給料は最大の関心事であるのに間違いはありません。だからといって転職の面接で焦って交渉を始めてしまわないようにしましょう。まずは軽く給与体系について質問することです。

3.交渉中の態度に注意すること

給料の希望額に見合うだけの価値が、あなたに備わっていることをアピールしなければなりません。かといって余りにも自信過剰な態度や、自分の考えを曲げない頑固なイメージを与えてしまわないように気をつけましょう。

まとめ

転職の面接で給料(給与)交渉を行うときは、採用担当者にプレゼンテーションを行うような気持ちで臨むことが大切です。例えば前職での実績や給与などのデータを、数字を織り交ぜながら具体的に示すとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ