転職の面接で好印象を持たれるためにできること3つ。

転職の面接で好印象をもたれる3つのコツ

スポンサードリンク

転職の面接で好印象をもたれると、当然のことながら採用の可能性が上がります。面接官は履歴書や職務経歴書だけで転職者の人物像を判断することはなく、あくまでも面接で本人と対面した上で人物像を判断します。

だからこそ転職の面接で好印象を与えることは、とても重要なファクターを占めるというわけです。そこで今回は転職の面接で好印象をもたれるコツをご紹介します。

1.前職の退職理由が前向きであること

前職の退職理由については、採用側にとって非常に気になるところです。「自分にできる新しい可能性を求めている」「仕事に対する能力をさらに高めたい」などの前向きな退職理由であれば好印象を持たれることでしょう。

逆に「人間関係に疲れたから」「給料がよくなかったから」などの後ろ向きな退職理由は決して歓迎されません。

スポンサードリンク


2.身だしなみが整っていること

髪型はもちろん、スーツなどの服装、ネクタイ、カバン、靴などの身だしなみが整っていることも、転職の面接で好印象をもたれるためにはとても重要なポイントです。女性であればネイルが目立ちすぎないように気をつけましょう。

3.堂々としていること

緊張してしまうような面接の場でも、堂々とした態度で自己紹介や自己PRができると間違いなく好印象をもたれます。自然な笑顔で雑談ができるくらい堂々としていれば、面接官はあなたのことを「肝が据わった人物」と思ってくれるかもしれません。

まとめ

転職の面接で好印象を与えることに成功すれば、きっと採用の手ごたえを感じることができるはずです。もちろん面接が終了したらお礼状を出すことを忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ