転職の面接で逆質問しておきたいことを3つご紹介します。

転職の面接で逆質問したい3つのこと

スポンサードリンク

転職の面接で「最後に何か質問はありますか?」と聞かれるのが逆質問です。あなたが応募先に対して疑問に思っていることは、この場でしっかりと確認し解消しておきましょう。この逆質問のときに「特にありません」と答える応募者もいるのですが、志望先に対して何の質問も沸かないはずがありません。

採用担当者は応募者に対して、疑問があればきちんと尋ねることを望んでいるのです。それでは、転職の面接で逆質問しておきたいことを3つご紹介します。

1.勤務条件

いざ採用されてみたら、勤務地が募集内容と違っていたり勤務時間が違っているケースもあります。採用先によっては出張がある場合も考えられますので、疑問に思ったことは迷わずに質問してください。さらに、勤務条件に対応できないと判断したときは、あいまいに答えるようなことはせずに、ハッキリと「できる」「できない」を断言するようにしましょう。

スポンサードリンク


2.給与条件

転職の面接では給与条件は逆質問するべきではない、とされていることもあります。しかし、給与・賞与の条件は働く側にとっては、真っ先に考えなくてはならない重要な問題なのです。募集時候には記載されていないケースもあるので、納得できるまで確認することが大切です。

3.経営状態

面接時に採用担当者から説明があった場合は、とくに逆質問する必要はありません。経営の先行きを不安視するようなネガティブな質問はNGですが、新規事業などのようなポジティブなことであれば逆質問しても構いません。

まとめ

転職の面接で逆質問したいことを3つご紹介しました。もしかしたら、「勤務条件や給与条件について逆質問するのはNGなのではないか?」と不安に思われた人もいるかもしれません。しかし転職の面接というのは、転職者が応募先会社をチェックする場でもあるのです。

求人広告や募集要項を見ただけでは、把握できないようなこともあります。転職の面接においては、疑問点があれば積極的に確認する姿勢が大切だと心得ましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ