転職の面接後に書くお礼状は、実はアピールチャンスです。

転職の面接後のお礼状で高感度ググッとを上げる方法

スポンサードリンク

転職の面接が終了したら、すぐに採用担当者にお礼状を出すようにしてください。

そのまま家に帰るわけでもなく、ぶらりと道草をくうのでもなく、カフェにでも入ってバッグから葉書を取り出しすぐにお礼状を書くのです。

なぜかというと、転職の面接ではお礼状を書く応募者がほとんどいません。

そのため、お礼状を受け取った採用担当者の記憶に、あなたの存在を高い高感度と共に植えつけることができるのです。

高感度が上がるお礼状を書くときのポイントとしては…

翌日には届くようにすること!

とにかくお礼状を届けるスピードを重視してください。転職の面接の場合、合否が分かるのがとても早いです。応募先によっては早ければ当日に合否が分かるところもあります。

スポンサードリンク


それにも関わらず、数日後に転職の面接のお礼状が届いたのでは全く意味がありません。採用担当者に届くのは、早ければ早いほどよいと心得てください。

お礼状の書き方

通常の転職の面接後に書くお礼状は、拝啓から始まり敬具で結ぶような書き方をします。ですが、とにかくスピードを重視して葉書でお礼状を書く場合は、前略~早々の形式で時候の挨拶を省略した書き方をしても問題ありません。

まとめ

転職の面接後に書くお礼状を採用担当者に早く届けることによって、あなたの高感度は間違いなく上がります。文面に書く内容は、面接を受けて感じた独自の感想を盛り込むようにしてください。そうすることによって社交辞令臭さが無くなり、よりオリジナルな人間味のある印象を与えることができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ