転職 面接 作文

転職の面接で作文を課せられたらチャンスと思え!

スポンサードリンク

転職の面接と同時に、作文も課される場合があります。

面接と同時に行われるような場合は、それほど深いテーマでないことが多いです。

志望動機や仕事にまつわる考え方を述べるように指示されることがほとんどでしょう。

面接では伝えきれない、転職への意志を伝えるチャンスでもあります。

作文というと苦手意識のある方が多いですが、通常の会社の転職試験などの場合は素晴らしい内容にしようと無理をする必要はありません。

原稿用紙の使い方を守り、誤字なく、適切な構成ができれば減点はされにくいでしょう。

作文は採点する側から見ると、内容よりも誤字などが客観的に判断でき、特に減点しやすいポイントになるのです。

見直しの時間を十分にとって誤字やミスを減らしましょう。

スポンサードリンク


転職では面接だけでなく添え状にも気を配ること

転職活動中に提出する履歴書や職務経歴書などの書類を会社に対して郵送する場合は、その旨を記した添え状を添付することになります。

書き方によっては添え状でもやる気をアピールすることは可能です。

転職では面接前に何度か書類の提出を求められる場合があります。

忙しい転職活動の中、チャンスを増やすためにも有効に利用しましょう。

しかし、郵送だけではなく面接時に履歴書などを直接持ち込む場合もあります。

その際は添え状は不要です。

面接の場やその前の受付で直接その書類を持参した旨を担当者に伝え、挨拶をしているはずですからその挨拶にあたる添え状は不要なのです。

その場合は、書類をお渡しするときに好感を持ってもらえるような挨拶を心掛けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ