転職 面接 私服

転職の面接に私服で来るように言われたらどうする?

スポンサードリンク

転職の面接では、私服でお越しください、私服でも結構です、などという形で伝えられることがあります。

転職先が自由な社風で私服で仕事を行うような会社である場合に多いようです。

しかし、どこまでが面接で許されるのかは難しいところです。

「私服で結構です」という形で強制ではないなら、スーツ着用が無難でしょう。

普段着慣れているスーツの方が転職の面接でもリラックスして臨めるかもしれません。

「お越しください」という私服必須の形なら、スーツよりは少々カジュアルな形にした方がよいかもしれません。

念のため、ネクタイは外して持ち歩いてもよいでしょう。

カジュアルにも着ることができるジャケットを用意しておくとあとあと役に立ちますので、購入しておくとよいでしょう。

真夏ならクールビズに準じてシャツだけでも失礼には当たらないでしょう。

スポンサードリンク


転職の面接で希望年収を聞かれたらどうする?

転職の面接では、希望年収を問われることもあります。

もちろん、希望としては高いほうがよいのは当たり前ですが、面接での質問であるということを考え、適切に答えていかなくてはなりません。

基本的には転職の場合、現在の年収と同じか少し上の金額を面接で答えても差し支えはないことが多いです。

少し上の金額を希望年収として提示した場合には、上の金額にした根拠も伝えられるとよいでしょう。

転職後それだけの働きができる、ということをアピールするのです。

もう一点気を付けるべきなのは、希望年収について面接で述べた金額と、書類に記載した金額が変わらないようにすることです。

ここで食い違ってしまうと、あなたの発言の信頼性も揺らいでしまいます。気を付けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ