転職 面接 熱意

転職の面接で熱意を上手に伝える方法

スポンサードリンク

転職の場合は、そこで働きたいのだという熱意を面接でしっかり伝える必要があります。

これまでの会社を辞めてまでその会社へと転職したいのだということを、面接官に伝わるようにしっかり伝えましょう。

熱意と言っても、漠然と「その会社で成長したい」という形ではなく、その会社に転職して何をしたいのか、何ができるのか、どう貢献したいのかという形で話せるとポイントが高いでしょう。

面接の最後に「何かありますか」「質問はありますか」などと問われることがあります。

ここで何も言わないのは非常にもったいないものです。

このタイミングこそ「熱意」を伝えるチャンスです。ここで効果的なアピールができるように準備をしっかりしておきましょう。

スポンサードリンク


転職の面接は働きながら行うのが無難

転職活動は、できれば働きながら行うようにしましょう。

面接の日程調整などは大変ですが、仕事をやめてしまってからの転職活動はリスクが高すぎます。

やめてからすぐに次の仕事が決まればよいですが、しばらく採用先が決まらなかった場合には数か月のブランクが生まれてしまうことになります。

そのブランクが面接の際に問題になることもあるからです。

働きながらの活動は大変なこともありますが、こうした採用への影響や収入減を防げるメリットがあるのです。

働きながら行う転職の面接なら、会社側も日時について配慮をしてくれることがあります。

終業後に設定してくれることもあるので、申し出てみましょう。

休みが取れそうな日を調べておき、前もって伝えておくのもよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ