転職 面接 失敗体験

転職の面接で実際にあった失敗体験

スポンサードリンク

転職の面接において、勝負は一回で決まってしまいます。

面接の日に体調が優れないこともありますので、失敗することも当然あります。

失敗体験として、集団面接の事例が挙げてみましょう。

大手広告代理店の面接での話です。

5人程度を一度に面接する集団面接では、その中の集団の一人が緊張すると他の人にも緊張が伝わってしまいました。

結果、全員が緊張して、上手く喋ることができない失敗体験に終わってしまった例があります。

集団面接の場合、他の人より抜きん出ようとライバル意識を持つのは得策ではありません。

全員で協力して、自分自身も落ち着いて話をすることを目標にすると良いです。

他の人がどう話していても、マイペースを貫くことが大切です。

転職の面接で失敗したことのない人は恐らくいません。

失敗体験を積み重ね、対策を練るからこそ、内定獲得という成功を手にすることができるのです。

転職の面接もはじめのうちは、どんどん失敗体験を積んでおきましょう。

スポンサードリンク


転職の面接で「尊敬する人は?」と聞かれたら…

転職シーンにおいては、いろいろなタイプの面接官がいます。

面接で「尊敬する人」を聞かれる場合もあるでしょう。

一見、転職や仕事と関係のない質問に思えますが、この質問で面接官は人間性を見ています。

難しい質問のようにも思えますが、世界の偉人の中から選んで挙げる必要はないのです。

周りの親、兄弟、先輩、前職場の上司、など身近な人の中から、尊敬する人を挙げましょう。

なぜ尊敬できるかについてのエピソードも話すことができると良いでしょう。

転職における面接では、誰でも知っていることや身近なことから話すと分かりやすいという法則があります。

尊敬する人でも、「モーツアルト」を挙げるよりも、身近な人を挙げるほうが、分かりやすいです。

何人か尊敬できる人が思い浮かぶ場合もあるかもしれませんが、その中で最も印象的な人を挙げてみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ