転職 面接 落ちる人

転職の面接で落ちる人によくある特徴

スポンサードリンク

転職の面接では、目標をしっかりと意識することが必要です。

面接に落ちる人というのは、「上手に話さなくてはいけない。」というルールに縛られていることが多いものです。

「~しなきゃいけない。(面接に受からなくてはいけない。)」といったようなことばかり気にしていると、自分自身とても辛く、転職の面接でも、知らず知らずのうちに萎縮してしまいます。

そこで、目標をはっきりさせてみましょう。

「A社に入社して、働きたい。だから、私は、面接では、自分の最大限の力を発揮しなければならない。」こう考えれば「目標に対する努力」が明確になります。

今している努力は、自分の願いや夢を叶えるためにしているのだということを意識しましょう。

そうすると、転職の面接も、自然と頑張ることができます。

それから、落ちる人というのは、悲観的なことを考えやすい傾向にあります。

落ちる人が受かる人になるためには、悲観的なことを考えたときに、その逆を考えると良いです。

例えば、「面接に落ちるんじゃないか。」と思ったら、「面接に受かるかもしれない。」ということも考えるわけです。

もう一度、目標について、そしてそれを叶えるために何をしなければいけないかを見直してみましょう。

スポンサードリンク


転職の面接で他社状況を質問されたら?

転職の面接で聞かれる質問というのは、ある程度決まっているものです。

挨拶程度の質問から始まって、その後は、応募書類(履歴書等)に沿って質問がなされていくわけです。

履歴書についての質問以外に、他社状況について聞かれる場合があります。

第一志望の会社の面接では、今の他社状況を伝えるとともに、その会社が第一志望であることをアピールしましょう。

面接官の立場から見ると、転職の面接で他社状況を聞くことによって、応募者の入社に対する熱意を見ることができるのです。

他社で内定が出ていても、それを隠す必要はありません。

面接では、転職活動の現状について話し、今後どうしていきたいかを担当者に伝えましょう。

また、他社の会社名については、言わないほうが無難です。

業界や業種について言及する程度にとどめましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ