就活の髪型について。パーマやツーブロックは大丈夫なのでしょうか。

就活の髪型。パーマは?ツーブロックはOK?

スポンサードリンク

就活をする時にどうしても気になってしまうのが、男女ともに髪型ではないでしょうか。

普段はパーマをかけていたり、ツーブロックなどの刈り上げたお洒落な髪型などをしていると、「ちょっと目立ち過ぎるかな…」とか「派手そうに見られるかも…」と悩んでしまうものです。

そこで今回は就活中の髪型について知っておくとよいことをご紹介しましょう。

就活の髪型は清潔感を心がける

まず就活中の髪型について気をつけたいことは、男性も女性も「清潔感」を心がけるということです。清潔感が伴っていない髪型は、ロングだろうとショートだろうとミディアムであろうと、髪の長さも関係なく周囲に嫌がられます。

スポンサードリンク


ボサボサでフケが溜まった状態の髪型で、就活だからといってハーフアップをしてみたり、おだんごを結ったりしたとしても全く意味がありません。

清潔感を満たしているという前提で話を進めると、ある程度のパーマがかかっていても就活の採用に不利になるということはありません。髪がバサついて広がってしまうという人は、ワックスやジェルなどの整髪料で髪をまとめるとよいでしょう。

もちろん、アフロパーマやドレッドパーマのような髪型は一般的とはいえず、就活向きではありません。アフロやドレッドでは、面接官の心象も決してよいものとはいえないため、面接までには落としておくことをおススメします。

また髪のサイドを短く刈り上げるツーブロックヘアーですが、サイドが青々しくなるほど短く刈り込みすぎるとカジュアルさが前面に出てしまうため、就活には相応しいとはいえません。

まとめ

就活で注意したい髪型の要素には、清潔感が不可欠だということをお伝えしました。清潔感と社会性が伴っていれば、女性に人気のショートボブや、ゆるふわパーマがかかったミディアムヘアーであろうとも、髪型そのものが就活の採用に直接的な影響を与えることはありません。

また「ぱっつん」と呼ばれる前髪を一直線に切っている髪型は就活には不向きだともいわれていますが、あまり気にする要素ではないといえるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ