就活の最終面接対策として、少なくともこの3つはチェックしておいてください。

就活の最終面接対策としてやっておくべきこと3つ

スポンサードリンク

就活の最終面接まで残ってくると「何が何でも採用されたい」「もう無理かも…」「結局落とされるのでは…」などと、様々な思いが頭をよぎることでしょう。

しかしながら最終面接まで残ったということは、あなたには倍率をくぐり抜けるほどの見込みがあるということです。自信をもって最終面接に臨んでください。

そこで今回はどうしても受かりたいあなたへ、最終面接対策として知っておくべきことをご紹介します。

逆質問の準備はできていますか?

就活の最終面接では、「最後に何か質問がありますか?」などといった逆質問をされることが予想されます。応募する企業に対して何も質問がないというのは「御社にはあまり興味がありません」という答えとほぼ同義語だと捉えてください。内定を勝ち取るためにも、この逆質問は必ず用意しておいてください。

スポンサードリンク


お礼メールは必ず送ること

就活の最終面接が終了したら、忘れずにお礼メールを送るようにしてください。インターネットのウェブメールでも構いませんが、より熱意を伝えたければ手紙やハガキでお礼状という形で送ってもよいでしょう。

持参する荷物をチェックしておくこと

企業によっては最終面接後に交通費を支給することがあります。その際に「印鑑」が必要になることもあるため、企業からの連絡事項をもう一度チェックしておきましょう。忘れ物をしたことが不採用に直結するとは考えづらいですが、少なくともよい評価をされることはありません。

まとめ

就活の最終面接をうまく乗り切れば晴れて採用となります。泣いても笑っても最後の面接になりますから、悔いが残らないように思い切り応募先企業へ熱意をアピールしてきてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ