就活の面接で辞退を考えたら早めに断ること。

就活の面接を辞退するときの上手な断り方

スポンサードリンク

一般的な就活は複数の企業を同時に志望することが多いです。そのため先に内定をもらったところで他の面接を辞退するケースもあれば、選考が進むにつれて志望度が下がってしまったために面接を辞退するケースも存在します。

もちろんそこには社会人のマナーとして、就活の面接を辞退するときにも応募先に失礼にならないような相応のやり方があることを心得ておきましょう。そこで今回は応募先に理解してもらいやすい就活の面接を辞退するときの断り方をご紹介します。

1.きちんと電話で断ること

就活の面接を辞退するときは必ず電話で伝えることです。面接を辞退することを応募先に伝えるのは勇気がいるかもしれません。だからといって安易にメールで断ることはマナー違反。メールで気持ちを伝えるのは確かに簡単ではあるのですが、簡単である分だけ誠意は伝わりづらくなってしまいます。

スポンサードリンク


2.面接を辞退する理由を述べること

なぜ面接を辞退することになったのか、しっかりと理由を述べるようにしましょう。いきなり「辞退します」などといわれても採用側は納得しづらいものです。1次選考などの初期段階であれば話しはまだ分かるのですが、最終選考の段階などになって理由もなく面接を辞退するようなことは絶対に止めましょう。

内定が決まった後の辞退は採用側に迷惑がかかります

面接前ではなく、内定承諾後に辞退を申し出るケースも少なくありません。このケースでは完全に採用側に迷惑をかけてしまっていることを自覚しておきましょう。

採用側は合格者から内定承諾書のサインを貰うと、就活者が入社するための準備や手続きを着々と始めているのです。内定後に辞退する場合は細心の注意を払って断りを入れるようにしてください。

まとめ

就活の面接を辞退するときは、誠意を見せて採用側にきちんと納得してもらいましょう。当然ですが辞退をするのは早ければ早い方がよいです。選考が進むうちに入社することに対して迷いが大きくなるようであれば、辞退すべきかどうかを早めに判断するようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ