就活の面接前日は、これだけはやっておきましょう。

就活の面接前日にやっておくこと3つ

スポンサードリンク

就活の面接前日の過ごし方は人それぞれだと思います。時間が許す限り面接のイメージトレーニングをする就活者もいれば、面接のときに着ていくネクタイの柄を真剣に選んでいる就活者もいることでしょう。

もしかしたら面接の前日には開き直って、友人と食事をしたり遊んだする人もいるかもしれません。万全の態勢で就活の面接に臨むことができれば過ごし方は自由です。しかし就活の面接前日には最低限やっておくべきことがありますのでご紹介します。

1.面接の質問に対する答え方を考えておく

志望動機、自己PR、あなたの長所や短所などをスムーズに述べることができるかいま一度確認しておきましょう。ほとんどの就活者は、すでに質問に対する回答は準備していると思います。しかし面接当日になると緊張のあまり回答を思い出せないということも考えられます。

スポンサードリンク


2.日時や場所を確認しておく

時間調整のコツは予定時刻から逆算して計算することです。面接会場への到着時間を決めたら、最寄駅から面接会場までにかかる時間、電車など交通機関の移動時間、家から駅までにかかる時間、家を出発する時間などを逆算して計算するとスムーズです。

また面接会場までのルートも当日に迷うことがないようにしっかりと確認しておきましょう。グーグルマップのストリートビュー機能を利用すると、面接会場までのルートや現場付近の光景を具体的に把握することができます。

3.スーツや靴が汚れていないかをチェック

面接当日に着ていくスーツやワイシャツの汚れやシワはありませんか?よれよれのスーツや汚れた靴のまま面接に臨むことがないように、前日までに手入れをしておきましょう。

まとめ

就活の面接前日で上記の確認が終了したらあとはリラックスして待ちましょう。これまでに企業研究や面接対策は十分にやってきたはずですから、あとは「人事を尽くして天命を待つ」といった気持ちで逆に開き直るくらいがちょうどよいかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ