就職の面接で逆質問しておきたいことを3つご紹介します。

就職の面接で逆質問したい3つのこと

スポンサードリンク

就職の面接では終了間際に逆質問をされることがあります。面接官に「最後に何か質問があればどうぞ」と聞かれ、質問を用意していなくて慌てふためく応募者もいるかもしれません。もしくは、早く就職の面接を終わらせたいあまり「特にありません」と切り上げようとする応募者もいることでしょう。

しかし就職の面接では、疑問があれば応募者の方から積極的に逆質問をしてくることを採用担当者は望んでいるのです。なぜなら採用担当者側からすると、面接で説明し忘れていることはないかと気になっているからです。

応募者からの逆質問があれば答えようと待っていますので、疑問が1つでもあれば遠慮することなく尋ねてみましょう。今回は就職の面接で逆質問しておきたいことを3つご紹介します。

1.仕事内容

募集職種の仕事内容については面接中に説明があるはずです。経験者であれば説明だけで仕事内容を把握できると思いますが、未経験の場合だと面接中の説明だけで把握するのは難しいと思います。疑問点があれば洗い出し、その場で解消していくとよいでしょう。

スポンサードリンク


2.休日や休暇

勤務体制が変則なシフト制の会社だと当然気になる問題です。就職の面接で休日や休暇について逆質問をするのはNGだと言う人も中にはいるかもしれませんが、むしろハッキリと確認しておくべき問題ですので逆質問しても構いません。面接の雰囲気が悪くならずに逆質問するコツは、休日や休暇の日数を聞くのではなく勤務すべき日数や時間を聞くことがポイントです。

3.職場環境

職場がどのような様子なのかは誰もが気になるところです。注意点としては職場環境について逆質問をするときは、実際に働いている人にしか分からないようなことを聞くことです。企業ホームページや企業パンフレットなどを見れば一目瞭然なことを質問してしまうと、むしろ企業研究不足と判断されてしまう可能性もあるからです。

まとめ

就職の面接で逆質問をする内容が見つからない場合は、自分が応募先に採用されたとリアルに想像してみるとよいでしょう。採用されたときのことや、あなたが職場で働いている風景を鮮明に思い浮かべるのです。そうすると自ずと知りたいことや気になる点が見えてくるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ