就活の面接では、「夢」そのものには興味がない

就活の面接で夢を聞かれたときの評価される答え方

スポンサードリンク

就活の面接では「あなたの夢は何ですか?」と質問されることがあります。

パイロット、野球選手、お花屋さん…などなど、誰にでも小さい頃から憧れていた夢や職業があったはずですが、就活の面接で質問される夢というのはそういった意味合いではありません。

面接官がこの質問で聞く夢というのは、あなたのキャリアビジョンのこと。

将来はどうしていきたいか…ということです。そもそも就活の面接に来ているのに、違う職業になりたいというのもおかしな話しですからね。

それでは、この質問の答え方で評価されるポイントをお伝えします。

ポイント.夢を実現させる力があることをアピールする

この面接の質問に答えるときは、夢を実現させる力があることを伝えてください。

効果的に伝えるためにも「そのために準備していること」を、必ず付け加えてアピールすることが大切です。

スポンサードリンク


間違えてはならないのは「入社してから準備できること」ではなく、「今、準備していること」です。

なぜなら就活とはいえ、今でも行動できることを今やらない人が評価されるはずがないからです。もし、あなたの夢が将来的に独立することならば、独立するために今どのような行動を起こしているのかをアピールする必要があります。

例えば、「休日には経営に関する勉強会に出席している」とか「人脈を増やすために○○セミナーに参加している」など、夢の実現に向けて行動力があるところをアピールしましょう。

まとめ

就活の面接で夢について質問されたとき、面接官はあなたの夢そのものに興味があるわけではありません。あなたが夢の実現に向けてどのように行動しているか?に興味があるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ