就活の面接で自己PRを上手に伝えるには?

就活の面接で自己PRを効果的にさせる話し方

スポンサードリンク

就活の面接で必ず行われるのが自己PRです。志望動機と並び、面接で聞かれる質問としては最頻出といえます。自己PRは応募者それぞれのセールスポイントをアピールできる時間帯でもあるため、どのようにして採用側に売り込むかがポイントです。

他の応募者と比べて一歩リードするためには、「何をどう伝えるか」という話し方を工夫する必要があります。ここでは、就活の面接で評価されやすい自己PRをするときの話し方を2つお伝えします。

1.まずは結論から話すこと

自己PRを話すときに1番に伝えるべきことは、まず結論から話すことです。就活の面接だけでなく日常会話でも同じことがいえるのですが、物事を始めから終わりまで順序だてて話されると、話しを聞いている方はストレスを感じてしまうのです。

「私のアピールポイントは、前職でカフェの店員をしておりまして、いかにしてお客様を待たせずにコーヒーをお持ちするか…」などのように話されてしまうと、面接官は結論を聞くまでに待たされてしまいます。「…で、何が言いたいの?」と思われないためにも、就活の面接で自己PRをする時は結論を冒頭にもってくるようにしましょう。

スポンサードリンク


2.気持ちを込めて話すこと

就活の面接で自己PRをするときに大切なのは、感情を込めるということです。緊張のせいもありますが、新卒の面接ではほとんどの応募者が棒読みの自己PRをしてしまっています。それだとせっかくの就活の自己PRも、自分自身のことではなく暗記をしてきたことをアピールしてしまっているようです。

緊張で顔がこおばってしまい、感情を上手に出せないという方もいるでしょう。そのようなときにオススメなのが、身振り手振りを付けて話すことです。これならいくら緊張で顔がこおばったとしても面接官に気持ちを表現することができます。

まとめ

就活の面接で自己PRをさらに効果的に行うには、話し方にも気を配ってください。「結論から話すこと」と「気持ちを込めること」の2点に注意するだけでも、あなたが話したいと思っている自己PRの内容が面接官にずっと伝わりやすくなるのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ