就活の面接が通らない?もちろん、キチンとした理由があります。

就活の面接が通らないと悩んでいるあなたへ

スポンサードリンク

就活の面接が通らないと、誰だって焦りますし不安になります。人によっては自分自身を否定されてしまったような気持ちになってしまうかもしれません。(もちろん、そういうわけではないのですが…)まず、就活の面接が通らないということはどういうことなのか、結論からお伝えします。

結論 : 採用側が求めているイメージと違う

就活の面接が通らないという理由は、突き詰めるとたったこれだけなのです。そうでなければ、応募者が面接の際によっぽど失礼な態度をとってしまったかのどちらかです。ですので、決して自己を否定されたわけでもなく、応募者に能力がないと烙印を押したわけでもないのです。そもそも、採用の合否を決める基準は相対的なものなのです。

相対的というのは、数ある応募者の中から、どの人物が採用側が求めているイメージ像に近いかを比べているに過ぎません。その中で1番イメージ像に近い応募者を採用しているだけなのです。それでは、どうすれば採用側の求めるイメージ像に近づくことができるのかというと…

スポンサードリンク


ポイント1. 企業研究を徹底して行う

企業理念、企業がもつ価値観を徹底して調べる。企業は働くことに対する価値観が同じ人物と一緒に働きたいと思っているのです。

ポイント2. 自己PRや志望動機を根底から見直す

何をどう伝えるべきか。徹底して見直しを行ってください。就活の面接に通らないということは、あなたのもつ自己PRや志望動機が採用側の求めるイメージとズレているということです。

ポイント3. 見た目を改善する

実は就活の面接では、意外なほど見た目が重要視されています。見た目とは美男美女といった意味ではなく、顔つきや服装などのことです。これに身振りや手振りも含まれると思ってください。

まとめ

就活での考え方のコツとしては、「どうすれば採用されるか?」ではなく、「どうなれば採用されるか?」と俯瞰的に考えることです。採用側が欲しがる人物を徹底して考えることがポイントです。就活の面接が通らないとお悩みであれば、これら3つの項目を洗いざらい見直してみるとよいでしょう。もう一度言いますが、採用の合否は相対的な基準で決まります。あなたが他の応募者よりも、1ポイントでも高い評価を得られれば採用されるということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ