あなたが仕事や会社に対して望むことを質問されたら?

あなたは仕事や会社に対して何を望まれますか?

スポンサードリンク

今回は「あなたは仕事や会社に対して何を望まれますか?」という質問をされたときの答え方をご紹介しましょう。まず仕事や会社に対して何を望むのかは人それぞれですが、この質問にも当然ながら評価されやすい答え方が存在します。

採用担当者の意図や応募先企業が求める人材を考えれば、自ずと評価につながる回答を導きだすことができるはずです。しかしながら、「あなたは仕事や会社に対して何を望まれますか?」という質問には気をつけなければならないポイントがあります。それは…

福利厚生や待遇にフォーカスして答えるのはNG

充実した福利厚生や厚い待遇については、誰もが求めるものです。本音を言えば「賃金を上げてほしい」「有給休暇を増やして欲しい」「残業を減らして欲しい」などと言いたいところかもしれません。

スポンサードリンク


しかしながら「あなたは仕事や会社に対して何を望まれますか?」という面接の質問の意図は、あなたの望む福利厚生や待遇についてを知りたいわけではないのです。逆に福利厚生や待遇について望むことばかりを答えてしまうと「何が目的で当社に応募してきたのだ?」と思われてしまう可能性もあります。では、どのような答え方が評価につながるのかをお教えしましょう。

望むべきは「自己の能力を発揮できる環境」

本来ならば仕事や会社に対して望むべきものは、「自分の能力を存分に発揮することができる環境」なのです。これこそが仕事の醍醐味だといっても過言ではありません。自己の能力を思う存分発揮して社会に価値を提供することが、仕事人にとって最大の喜びだということです。

まとめ

「あなたは仕事や会社に対して何を望まれますか?」という質問に対し、福利厚生の充実や待遇については触れない方がよいでしょう。あまりにも保身に走った回答をしてしまうと「利己主義な人」という判断をされかねません。働く喜びを感じたいというポジティブな要望を前面に出してアピールするとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ