社会人と学生の違いを明確にしておきましょう。

社会人と学生の違いは何だと思いますか?

スポンサードリンク

社会人として働くのであれば、いつまでも学生気分のままではいられません。社会に出れば納得のいかない不条理なことにも遭遇することもあるでしょう。そのようなシーンで学生の頃と同じような対応で良いのかというと、必ずしも良いとはいえません。

社会に出れば社会人としての対応が求められることの方が圧倒的に多いのです。それらを踏まえた上で、就活の面接で「社会人と学生の違いは何だと思いますか?」と質問される意図について考えてみましょう。

この質問では、社会人としての意識の高さがチェックされています

おそらくほとんどの就活者は「社会人と学生の違いは何か?」と質問された場合、「責任感」と答えるのではないでしょうか。ごもっともな回答なのですが、責任感という言葉だけでは採用側の心には響きません。

スポンサードリンク


答え方のポイントとしては、「なぜ責任感だと考えるのか?」という自身の見解をできる限り具体的に示すこと。加えて社会に対して前向きな意識を持っていることをアピールすると、さらに評価されやすくなります。

答え方の例

はい、社会人と学生の違いは学び方にあると思います。社会人は学びながらお金(給与)を頂けるのに対して、学生はお金(授業料)を払いながら学ばなければなりません。

社会人がお金をいただくためには、責任をもって相応の価値を社会に還元しなければならないと考えています。そういったことから、いい加減な気持ちで仕事に取り組むことは社会人には許されないと思います。

まとめ

いつまでも学生気分のまま過ごせたらどれだけ気楽かと思いますが、学生気分のまま社会人が勤まるほど世の中は甘くありません。社会に出れば周囲の目も変わりますし、あなたに対する扱い方も変わります。自分の置かれる環境がガラリと変わることを自覚しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ