上司の考えが自分の考えに合わないときはどうしますか?と質問されたときの答え方

上司の考えが自分の考えに合わないときはどうしますか?

スポンサードリンク

就活の面接では「上司の考えが自分の考えに合わないときはどうしますか?」と質問されることもよくあります。実際の職場ではあり得るケースということもあり、よりリアルな回答が求められます。

その前に「上司の考えが自分の考えに合わないときはどうしますか?」という質問には一体どのような意図があるのかを確認しておきましょう。

意図:どのように上司と接するのかを知りたい

上司の考えと自分の考えが違った場合に、どのように上司とコミュニケーションをとろうとするのかをチェックされています。この質問のようなケースでは企業によって評価が異なってくるため、あらかじめ応募先の「評価制度」などを確認しておくとよいでしょう。

答え方のポイントとして注意すべきことは、強すぎる自己主張はすべきではないということ。強すぎる自己主張は単なるわがままと判断されることもあるため、マイナス評価されてしまう可能性もあります。

おすすめの答え方のイメージとしてはズバリ「控えめな自己主張」です。しっかりと自己主張をしている中にも、謙虚さを感じさせるようにアピールができるようになると高評価につながります。

スポンサードリンク


NGな回答例

例1「はい、どう考えても私が間違っていない場合は例え上司でもきちんと指摘し、私自身も絶対に折れてはならないと思います」

例2「はい、自分が正しければ自分の考えをそのまま主張すべきだと思います」

OKな回答例

「はい、そのようなときは上司に私自身の考えを意見として伝えます。その後に、その意見に対する上司のお考えを伺いたいと思います。私自身きちんと自己主張をするように心がけているのですが、決して主張が独善的にならないように気をつけています。そのためにもあらゆる人の考えに、耳を傾けることはとても大切だと感じています」

まとめ

上司の考えと自分の考えが合わないことは実際によくあることです。しかしながら社会人としての経験の多さは上司の方が上であることが多いため、まずは社会の先輩である上司の考えを理解しようとする姿勢が重要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ