入社後、会社に合わないと思ったらどうしますか?

入社後、会社に合わないと思ったらどうしますか?

スポンサードリンク

実際に入社してみないと何とも言えないというのが本音でしょうが…「入社後、会社に合わないと思ったらどうしますか?」という質問の意図は、
どれだけストレスに耐えることができるかを見られています。

この面接の質問は、答え方を間違えてしまうと「嫌なことがあるとすぐに諦める人」と判断されてしまう可能性が高い質問です。

【悪い回答例】
回答1「はい、合わないと思ったときは早めに他の会社を見つけると思います」

回答2「石の上にも3年という言葉があるように、合わなくてもしばらくは我慢できると思います」

回答3「はい、そのときは合うような部署に配置換えをお願いしようと思います。それも無理なようであれば、転職を検討するかもしれません」

スポンサードリンク


回答1は、ストレス耐性が低いと判断されます。回答2は、ある程度のストレスには耐えられるかもしれませんが、自発的ではないと判断されます。回答3は、周囲に配慮ができない利己的な人だと判断されてしまいます。合わないから辞めるという選択ではなく、意識をどのようにコントロールするのかにフォーカスして答えるようにしてください。

【良い回答例】
はい、そのような時は何が合わないのか、はっきりとした原因を見つけます。それから、合わせるにはどうすればよいのかといった解決策を打ち出して行動しようと思います。会社に利益をもたらせる人材になるまでには多少お時間をいただくかと思いますが、そうなった際には自ら主張もしつつ、我が身を改善していきたいと考えております。

このような回答であれば、何かに責任転嫁をすることなく、自ら改善策を見つけ出せる人材だと評価されるでしょう。さらに、自己主張をするは会社に利益をもたらせる存在になってから、という貢献心の強さもアピールできています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ