あなたの短所を教えてください

あなたの短所を教えてください

スポンサードリンク

誰だって自分の短所は人に教えたくないものですが、伝え方次第で自分を上手にアピールすることができます。「あなたの短所を教えてください」という面接の質問の意図は…

自分自身のことをどれだけ理解しているかが見られています。

この面接の質問での短所とは、決して常識外れという意味ではありません。社会人としての資質に欠けると思われる発言はしないようにしましょう。

【悪い回答例】
はい、昔から私は時間を守れないという癖があり、待ち合わせ時間にたびたび遅刻してしまうことがあります。しかし、時間を守れなかったときは食事をご馳走するなど、きちんとフォローをすることを忘れていませんし、もともと愛嬌のある性格ですので嫌われることもありません。ですので、友人との信頼関係は良好だと思います。

スポンサードリンク


『時間を守れない』という短所は、まさに常識外れ!社会人として致命的な短所ですから、面接官からの評価はガタ落ちになることは間違いありません。友人との信頼関係は築けているといっても全く説得力がないため、採用の可能性は限りなく低いでしょう。

【良い回答例】
はい、私は行動を起こすのに少し慎重なところがあり、まさに石橋を叩いて渡るといった感じです。少しでも先が見えないようなときは綿密に計画を立て、リスクを回避できてから行動に移るということがその理由だと思います。しかし、考えるだけでなく行動に移すことが大事だと思いますので、段取りが8割方組めた時点で実行するようにしています。

『行動を起こすのに少し慎重なところ』というのは、長所が極端になりすぎた短所とも受け取ることができます。こういった短所を長所の裏返しといいます。石橋を叩いて渡りつつ綿密な計画を立てて実行に移せるという人は、社会が求める人材です。

このように、短所と言いつつも実際には長所をアピールできるように回答することがポイントです。長所と短所は表裏一体ということを覚えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ