あなたにとって仕事とは何ですか?

あなたにとって仕事とは何ですか?

スポンサードリンク

毎日ただ漠然と働いているだけだと思わず答えに詰まってしまいそうな質問です。「あなたにとって仕事とは何ですか?」という面接の質問の意図は…

ズバリ、仕事に対する意識の高さを見られています。

責任を持ってどのように取り組むことができるのかをアピールする必要があります。

【悪い回答例】
私にとって仕事とは、生活するためにしなければならない必要なものです。お金より大切なものはありますが、お金がなければ生活できないことも事実です。自分が興味がある分野の職業に就くことができれば一番よいのでしょうが、なかなかそうもいかないと思います。結論として、仕事は我慢しながらも続けていくことが大切だということです。

スポンサードリンク


人によって仕事に対する優先順位の高さは違いますが、あからさまに正直に答えすぎています。質問の意図は意識の高さを見ているわけですから、この答え方では企業側は積極的に採用しようという気にはなりません。

【良い回答例】
はい、私にとって仕事とは、社会に価値を提供するものだと思っています。その価値の対価としてお給料をいただくわけですから、結果として自分のためでもあるわけです。ですから、社会と自分自身の生活をより潤ったものにするためには、自分ができることに120パーセント集中して行動する必要があると思います。消費者が求めていることを知るために常にアンテナを巡らすことで、よりスピーディーかつ自発的に仕事に取り組めると思います。

仕事に対する取り組み方が明確になっており、採用するとどのように働いてくれるのかがイメージできます。この面接の質問は自分自身を徹底的に売り込むチャンスですから、大げさだと思えるくらいアピールしても構いません。

この面接の質問は、教員や警察官などの公務員、医療事務、秘書、栄養士、介護ヘルパーなど、あらゆる職業の面接で聞かれます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ