パートの志望動機。事務やスーパーの履歴書の書き方に悩んでいる人へ。

パートの志望動機。事務やスーパーの履歴書には何と書く?

スポンサードリンク

パートの志望動機を何と伝えようかと頭を悩ませていませんか?

履歴書を前にして、志望動機の書き方に迷ってしまいペンが止まっているという主婦の方もいることでしょう。

正社員や契約社員などと違い、主婦の方がパートで働く場合の志望動機は、ほとんどが「家の近所だから」とか「時間帯がちょうどよかったから」のような理由だったりします。

おそらく正直に述べてよいものか、別のそれっぽい志望動機を探そうか…と考えているかもしれません。

そこで今回はパートの志望動機について、ちょっとした事実をお伝えしましょう。

スポンサードリンク


パートの志望動機はさほど重要視されていない

これからお話することは、もちろん全てのパートの採用条件に当てはまるわけではないということを前提としてお伝えします。実はパートの求人としてよくある業務内容、例えばスーパーでのレジ打ちやパン屋での販売、工場での簡単な作業などの求人では、志望動機はそれほど重要視されていなかったりします。

これらのような仕事内容の場合、志望動機以上に応募先は何を重要視しているのかというと、「シフトに融通がきき、長く勤務してくれそうか?」ということと応募者の「人柄」だったりするのです。

パートの求人といっても、地域の情報誌などに求人の募集要項を掲載すると、小さな広告枠でも少なくとも数万円以上の経費がかかってしまいます。

そのため、せっかくパートとして採用したにも関わらず、家族の理解が得られなかったなどを理由に、早々と退職されてしまうのだけは避けたいと応募先は思っています。

さらに子供の学校行事などで急にシフトを抜けられるようなことも、正直なところ企業としてはできるだけ避けたいことだったりするのです。

まとめ

頭を悩ませて考えてしまうパートの志望動機ですが、実際はそれ以上に「シフトに融通がきくこと」と「長く働けられること」が採用の前提としてあることをご理解いただけたでしょうか。

そしてこれら2つの条件を満たした上で、その人の「人柄」でパートの合否が決まるということです。そのため事務やスーパーの面接で渡す履歴書に志望動機を書くときにも、それほど難しく考えることもないのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ