パート面接の自己PRで2つのことを話すと採用されやすくなります。

パート面接の自己PRで話すと採用されやすくなる2つのこと

スポンサードリンク

パートの面接では応募者がどのような人物なのかを知るために、「自己PRをしてください」と言ってくる企業もあります。パートの面接での自己PRのやり方は人それぞれ。「接客が好きです」、「これまでに○○の仕事をやっていた経験があります」、「家計の足しに…」など、色々な理由でパートの面接に応募してきたことを自己PRで述べています。

ですが、企業がパートの求人を出すときには「こんなパートが欲しい!」という人物像がほぼ決定しているのです。もっと詳しくいうと、企業が求めているパートの理想像というものが存在します。ということは、パートの面接で自己PRをするときは、その理想像に近い人物であることをアピールすればよいのです。それでは、一体どのよう話せばパートとして採用したくなるのかを2つご紹介しましょう。

1.長く働けることをアピールする

応募先が懸念しているのは、せっかくパートに採用したのにすぐに辞められてしまうことです。応募先は1人のパートを採用するために何万円という広告費をかけているので、採用に慎重にならざるをえません。その懸念を払拭するために、これまでに長くパートとして働いた経験があれば、面接でその旨を伝えて採用担当者を安心させてください。

スポンサードリンク


2.融通が利きくことをアピールする

急な残業やシフトチェンジなどが頻繁に起こるような企業の場合、柔軟に対応してくれそうな人をパートとして採用する傾向にあります。パートとして自由に使える時間があることや、家族の理解が得られていること、小さな子供はいないことなどを述べて、業務の対応には融通がきくことをアピールするとよいでしょう。

まとめ

パートの面接では、上記の2項目を自己PRで話すと採用されやすい傾向にあります。だからといって、この2項目を押さえておけばOKということではありません。パートの面接ではあなたの性格や経験なども、しっかりとチェックされていることを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ