パートの面接の質問にはパターンがある!

パートの面接でよくある質問

スポンサードリンク

パートの面接といっても、採用者側からすれば正社員と同じように賃金を支払う対象になります。決して気を抜かず面接に臨むようにしましょう。パートの面接でよく聞かれる質問にも、ある程度のパターンがあります。ここでは、パートの面接でよく聞かれる質問をまとめてみました。

・希望の勤務時間はありますか?

「○時から○時を希望していますが、あるていどの調整はできます。」と勤務時間に柔軟性を持たせると、面接官への印象をよくすることができます。どうしても働けない時間帯は、はっきりと無理だと伝える必要がありますが、言い方を間違えると単に融通がきかない人だと思われかねません。

「その時間帯は○○があるので、働くのは難しいです」といったように、きちんと理由をつけて断るとよいでしょう。注意点としては、パートに採用されたいがために安易な返答をしてしまうことです。後のトラブルを防ぐためにも、勤務条件についてはハッキリさせておくことです。

スポンサードリンク


・あなたが働かれることを、ご家族は理解されてますか?

実はパートで働かれる主婦の中には、夫、舅、姑など家族の反対に合って辞めてしまう人もいるのです。「家事や子育てがおろそかになった」ということが理由として挙げられるようです。せっかくパートに採用されたとしても、すぐに辞めてしまうようでは双方にメリットはありません。まずは家族の理解を得てから面接に臨む方がよいでしょう。

・ここまでどのように来られましたか?

自宅から勤務先までの距離や通勤時間など、無理なく通勤できるかどうかを見るためで深い意味はありません。

・残業はどれくらいできますか?

この質問で見られているのは、仕事に対する積極性なのです。当たり前ですが、パートで採用されるために残業はできた方が有利ではあります。ですが、パートという働き方をされる人には小さいお子さんがいたり主婦の人が多いため、残業はちょっと難しいということは面接官も分かっています。

「できます」「できません」といった答え方でなく、たとえば「週に○日くらいならば、なんとかなります」とか「毎日は無理ですが、○時間くらいなら大丈夫です」といった答え方であれば仕事への積極性が十分見られます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ