面接 自己紹介 アパレル

アパレルの面接の自己紹介

スポンサードリンク

アパレルの面接で自己紹介を求められた場合どのように対応するべきでしょうか。他の企業と同じような一般的な自己紹介でも問題ありません。

しかし面接で他の人と差をつけるためには、アパレルとどのような関わりがあったかを付け加えると良いです。

例えば、アパレル業界でアルバイトをしてきた経験や、ファッションにどのようにこだわっているか等です。

アパレルならではの質問も、自己紹介の後にありますので、ファッションについての自分の考えを大まかで良いので、伝えておきましょう。アパレルの面接では、服装も重視されます。

赤文字系、青文字系等ブランドなど、企業に合った服装を心がけると良いです。アパレルの面接も、基本は他の業界と一緒でコミュニケーション力のある人が求められます。一緒に働きたいと思われるような、受け答えができるよう練習して面接に臨みましょう。

スポンサードリンク


面接の自己紹介でインパクトは必要?

面接の自己紹介において、インパクトは必要でしょうか。インパクトは、「一般的なもの・普通のもの」の反対語にあたり、「特徴・変わったもの」と置き換えることができます。

面接の自己紹介で与える印象は重要ですが、インパクトを与えようとする必要はありません。景気にもよりますが、景気が悪いときは、企業はまず、普通の人を採用しようとします。

景気が良い時だけ、少し特徴のある人を10人に1人の割合で採用するようにするようです。良い印象を与えることは大切ですが、あまり奇抜なことをする必要はありません。

それよりも面接の自己紹介では、「礼儀正しく、常識のある人」であるべきです。自己紹介で話す内容は、一般的なことにして、話し方・聞き方で良い印象を与えることで、面接の担当者に覚えてもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ