歯科助手 面接 髪型

歯科助手の面接の髪型はどうする?髪色は?

スポンサードリンク

歯科助手の髪型や髪色については、歯科医院に見解がよって異なります。

歯科助手の身だしなみに厳しいところもあれば、驚くほど緩い医院も存在するのです。

しかしながら医療に携わるものであれば、少なくとも面接時は清潔感のある髪型や髪色を心がけるべきでしょう。

髪型がロングヘアーであれば、後ろで1つに束ねるなどしてください。

また、緩やかなニュアンスパーマ程度であればかけていても構いませんが、あまりにもどぎついパーマは歯科助手の雰囲気にはそぐわないと思います。

医療行為に携わる歯科助手の面接といっても、基本的には一般企業の面接と変わりはありません。

スポンサードリンク


そのため、明るすぎる髪色などもNGです。

理想的な歯科助手の面接の髪色は、黒髪もしくはダークブラウン程度だと認識しておきましょう。

髪型や髪色以外では、ピアスやネイルに関しても注意しておきたいところです。

歯科助手によっては派手なピアスを付けていたり、仕事中もネイルをしている人がいるのも事実ですが、そういった人がいる歯科医院は医院長自体が認めているケースが多いのです。

そのため、自分で勝手な判断をして、面接にピアスや派手なネイルをしていくのは止めておきましょう。

面接というのは人間性を見られる場でもありますので、医療行為に携わる者としてふさわしい格好を心がけるようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ