面接の一人称

面接の一人称は何て言う?

スポンサードリンク

面接で気を遣うのが一人称です。自分のことを何と言えばよいのか、戸惑ってしまう人も多いことでしょう。

まず結論からいいますと、面接のときの一人称は男女ともに「私(わたくし)」で統一するようにしてください。

これは就職や転職活動時だけでなく、大学入試や大学院の面接のときでも同じです。

「わたし」という一人称でも失礼には当たらないので面接で使っても構わないのですが、わたくしと比べると砕けた表現になってしまいます。

女性であれば普段から「わたし」と使っているので、「わたくし」という一人称に言い換えることにさほど抵抗はないかもしれません。

スポンサードリンク


ところが男性の場合(特に若年層)は、普段使っている一人称が「俺」「僕」「自分」のいずれかになる場合がほとんどです。そのため、面接時にいきなり「わたくし」と言い換えることに対し、ものすごい抵抗感があると思います。

だからといって普段どおりの一人称で、面接時に「自分」とか「僕」などと言ってしまうと、自身への評価が悪くなる可能性は否めません。

「自分らしさ」とか「他の応募者との差別化」のために、あえて一人称を「僕」などに変えることを推奨している人もいるようですが、それとこれとは話が別です。

ここまでに、面接時の一人称は「わたくし」を推奨してきましたが、例外というものが存在します。

それは面接先の雰囲気というものが関係してくるのです。明らかに場の空気が砕けたようなラフな職場では、「わたくし」という一人称が逆に浮いてしまうこともあります。

そういったときには、あえて一人称を普段どおりに変えるなどのテクニックも覚えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ