面接の自己紹介で締めはどうすればいい?

面接の自己紹介で締めはどうする?

スポンサードリンク

面接を受ける際は、ほとんどといってよいほど自己紹介を求められます。

自己紹介を述べるときは話す内容と同じくらいに、「締め方」について悩んでいる人も多いようです。

ですが面接の自己紹介において、「締め」はさほど問題ではありません。自己紹介の内容において、就業先へ貢献したいという思いを伝えてさえいれば、締めは至って普通に「本日は、どうぞよろしくお願いいたします」と述べる程度で十分です。

面接の自己紹介でポイントとなるのは、締めではなく、あなたが企業の求めている人材だということをアピールすること。人の第一印象というのは、滅多なことがない限り覆ることはないといわれています。

スポンサードリンク


そのため、面接の冒頭に行われる自己紹介での印象は、そのまま採否に直結するくらいの気構えで臨むべきです。そのため、個人的な趣味の話などをする必要性は全くなく(仕事に関係するような趣味なら話は別ですが…)、あなたを採用したときのメリットを採用側がイメージしやすい内容を話すようにしてください。

面接の自己紹介にかける時間は、おおよそ2分程度を目安に考えておけばよいのですが、言い換えるとたった2分しかないということです。

職務経歴書に沿って、まるで説明を行うかのごとく自己紹介を行う人が稀にいますが、このやり方はNGだと覚えておきましょう。面接というのは、あくまでも会話で成り立ちます。

応募者のコミュニケーション能力もチェックされていますから、説明のような自己紹介をしてしまうと、それだけでマイナスポイントに繋がるということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ