今までで1番辛かったことは何ですか?という質問の答え方

今までで1番辛かったことは何ですか?

スポンサードリンク

就活の面接では「今までで1番辛かったことは何ですか?」という質問をされることがあります。

もちろん、この質問にも意図がありますので、意図を上手に汲み取った答え方をしたいものですよね。

では、「今までで1番辛かったことは何ですか?」という質問で面接官が知りたい意図と、どのように答えれば十分なアピールができるのかについてご説明しましょう。

まず、なぜこのような質問をするのかというと、辛かった経験から学んだことについて面接官は知りたがっているからです。そのため、ただ単に「○○が辛かったです」という経験を述べるだけでは物足りません。

しっかりと、辛かった経験から学んだことと、どのようにして自分自身のモチベーションをコントロールしたのかをアピールするようにしましょう。

スポンサードリンク


このことを踏まえると、「10年間飼っていたペットが亡くなったこと」のような回答は、明らかに答えの方向性が間違っていることに気づくはずです。

確かにペットの死は悲しいものなのですが、このような答え方ですと、ただ悲しかった経験について述べているだけに過ぎないからです。

「今までで1番辛かったことは何ですか?」という答え方のポイントとしては、あくまでも自分自身の行動を基準に答えなければなりません。

あなた自身が物事に一生懸命に取り組んだにも関わらず、結果が出なかったこと。結果が出なかったことに対し、どのように気持ちを切り替えて、学びを得たのかについて答えるようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ