転職の面接の質問は1つ1つが真剣勝負!

転職の面接の質問でよくあるパターン

スポンサードリンク

転職や中途採用の面接では、よく質問されるパターンがあります。なぜなら、採用者側は求人をする段階で、採用したい人材のイメージがあるていど決まっているからです。

前職については職務経歴書に書いてあることなので、わざわざ聞くことではなさそうですが、あえて本人に答えさせることで、言語能力や説明力を試しているということもあります。

転職や中途採用の面接でよく聞かれる質問

・前の会社での仕事の内容について教えてください。

前職の業務内容を具体的に説明してください。テクニックとしては、前職で得たスキルが応募先企業で役に立つことを強調したり適正をアピールすることです。

・いつから出社できそうですか?

この質問をされた場合、かなりの確立で採用されることを示しています。ですが、注意点が1つ。それは、いい顔を見せようと安請け合いはしてはならないということです。もし出社までに時間がかかりそうなときは、その理由を説明して猶予をもらうことです。

スポンサードリンク


・未経験の仕事ですが、できそうですか?

あなたにハンデがあることを示しています。ですから、自信の無いような態度を見せてはいけません。未知のことに挑戦しようという意欲をアピールしてください。逆に、経験者では持ち得ないようなあなた独自の経験やスキルがあれば、それをどう活かすかをアピールしてください。

・前の会社で不満だったことを教えてください

転職をする理由には、人間関係のトラブル、給料などの金銭面への不満、仕事内容への不満があげる人がとても多いです。ですが、これらが原因で退職しようと考えたことはないとハッキリ否定してください。採用者側は、あくまでも転職に前向きな人を求めています。

・前の会社で仕事上の失敗はありますか?

実は失敗談は自分をPRする絶好のチャンスです。ポイントは単なる失敗談で終わらないこと。仕事上のミスを後から振り返り、そこから何を学んだかを伝えてください。社会人としての対応能力の高さをPRすることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ