歯科助手で求められるのは志望動機よりも…?

歯科助手は志望動機よりも適正を重視している?

スポンサードリンク

「なぜ歯科助手になりたいのですか?」と志望動機を聞かれたら、あなたは何と答えますか?

「患者様の不安を少しでも取り除きたい」「医療に携わることで人の役に立ちたい」など、歯科助手になりたい志望動機は人それぞれあることでしょう。面接において、志望動機はもっとも重要視される項目の1つであることは間違いありません。

しかしながら歯科助手という職業を希望する場合、ある事実を知っておくと採用される確立がさらに上がります。そこで今回は歯科助手の志望動機について、ぜひとも念頭においていただきたい事柄をお教えしましょう。

志望動機よりも適正の方が重要視されやすい

歯科助手という仕事に関しては、志望動機をさほど重要視していない医院が割と多いといえます。歯科助手という職業に限ったことではないのですが、実は医療現場で働く職業に関しては、志望動機よりも「適正」を重要視する傾向の方が強いのです。

スポンサードリンク


例えば歯科助手の場合ですと、血を見ても動じずに業務をこなせるか?テキパキと効率よく動けるか?笑顔で患者様と接することができるか?1日中立ちっぱなしでも問題ないくらい足腰は丈夫か?服装や髪型など、清潔感のある格好をしているか?などをチェックされることが多く、これらをパスできる能力があると見なされないと歯科助手としての採用は難しいかもしれません。

就業することにおいて志望動機は働くことの土台ともなる大事なものです。しかしどれほど熱意が強くとも、特に医療現場では十分に業務を全うできる適正を伴っていなければ、かえって周囲に迷惑を掛けてしまう可能性も否めません。

まとめ

歯科助手の面接を受ける際は、どれほど強い熱意をもって志望動機を語ろうとも「適正」が欠けていては採用は難しいということを知っておきましょう。

歯科助手として採用されるためには、真摯な志望動機だけでなく、歯科医院という医療現場で私は存分に能力を発揮することができるという適正をアピールすることを忘れてはなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ