栄養士の面接で質問されやすい内容とは。

栄養士の面接で質問されること

スポンサードリンク

栄養士の面接だからといって、それほど特殊な質問をされるというわけではありません。自己PRと志望動機は職業に関係なく、面接では必ず質問される事項だと心得ておきましょう。

しかしながら、栄養士ならではの観点で物事を見るスキルも試されることがあるのは事実です。栄養士の就職先というと、小学校、中学校、保育園、病院などが主になってきます。今回はこれらの就業先が求めている人物像から、栄養士の面接で質問されやすいものをご紹介します。

最近の食問題についてどう思われますか?

栄養士の面接では、まれに時事関係の質問もされる場合があります。栄養士という職業柄、面接では当然のことながら「食」に関するテーマが取り扱われる可能性が高いです。

スポンサードリンク


突然のことに思わず動揺してしまわないように、日ごろから「食」に関するニュースや事柄については「栄養士としての視点」で情報収集をしておくとよいでしょう。食問題についての答え方としては、「食料自給率」「輸入・輸出」「食の安全性」などにフォーカスして自分なりの意見を述べるようにしてください。

実習先で何を学びましたか?

すでに栄養士として働いている先輩方の姿や、仕事に取り組む姿勢を見て何かしら感銘を受けたものがあるはずです。「愛情を込めて料理すること」「食べる人の健康を考えて作ること」など、実習先では様々なことが伝わってきたことでしょう。

栄養士の面接でこの質問をされたときは、実習先から学んだことだけを述べるのではなく、学んだことをどのように活かしていくかという内容で答えるようにすると評価されやすくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ