スタバの面接で採用されやすい志望動機とは?ピアスや髪色についてもご紹介します。

スタバの面接に受かる志望動機。ピアスは大丈夫?髪色は?

スポンサードリンク

スタバ(スターバックス)では、従業員のことを「パートナー」と呼んでいます。

新卒、中途、アルバイト、契約社員などの身分や役職も関係なくパートナーが一丸となって、お客様にホッと一息つけるサードプレイスの提供を心がけているのです。

常にお客様目線を忘れないスタバ(スターバックス)で働くためには、まずは面接を突破しなければなりません。

そこで今回はスタバの面接を受けるときに心がけたい大事なことをいくつかご紹介しましょう。

スタバでは誠実な志望動機が求められる

「どうしてスタバで働きたいと思ったのですか?」という志望動機についての質問は必ず聞かれます。その答えとして「店舗が家から近いため」「時給や賃金がよかったため」「募集条件がよかったため」などの志望動機では、おそらくスタバの面接を突破することはできないでしょう。

スポンサードリンク


スタバが欲しがる人材というのは、「スターバックスの価値観を共有できる人」だということを忘れてはなりません。情熱を持って仕事にポジティブに取り組み、居心地のよい空間をお客様に提供したいという想いを答えとし、志望動機で伝えることが大事なのです。

見た目にも気をつけて

スタバは接客業ということもあり、見た目も重視しています。とくに髪型や髪色があまりにも度を越していると不採用の通知を受け取る可能性が高くなります。

スタバの就業規定によると、地毛もしくはダークブラウン程度の髪色は許容範囲内となっていますので、よっぽど明るい茶髪でなければ採用には問題ないといえそうです。

ピアスについてもある程度の規定があり、小さめサイズのピアスであれば片耳2つまでは付けていてもOK。しかしながら店舗によってはドレスコードに厳しい店長の判断でピアス禁止というところもありますので、スタバの面接ではピアスは付けていかない方が無難だといえそうです。

まとめ

スタバで従業員として採用されるには、高い倍率を突破しなければなりません。そのためスタバの面接に落ちたことに肩を落とす人もいますが、面接は一度きりしか受けられないという規定はありません。スタバで働くことへの熱意が本当に強ければ、何度でもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ