役員面接対策について。合格率と目的についてご紹介します。

役員面接対策。合格率はどれくらい?目的は何?

スポンサードリンク

役員面接は最終面接や社長面接と呼ばれることがあり、採用されるための最後のハードルだといっても差し支えありません。役員面接の雰囲気はこれまでに通過してきた1次~4次とは、全く別物だと多くの応募者が口を揃えたようにいいます。

企業の重役たちが一同に揃い重々しい雰囲気で最終選考者を圧迫するかのように質問をしてくるため、ほとんどの人は空気に飲まれてしまうことも少なくないようです。ですが応募者側も最終選考まで残ったわけですから、胸を張って堂々としていたいものですよね。

そこで今回は企業の社長や重役を前にする役員面接の対策として、覚えておくべきことをご紹介しましょう。

スポンサードリンク


役員面接の合格率はどれくらい?

ほとんどの応募者が緊張し萎縮してしまう役員面接ですが、よっぽどの落ち度がない限りは新卒であろうと中途であろうと不採用になることは少ないようです。なぜなら中には形式的なものとして役員面接を行う企業もあるからです。

とはいっても合格率や通過率は「企業によりけり」ですし、中には役員面接で落ちたという人もいらっしゃることでしょう。しかしながら最終選考まで残れた場合は、統計的にかなりの高確立で採用されるといえそうです。

役員面接の目的は?

では一体、役員面接の目的は何なのでしょうか。それは「応募者の本音を引き出して人間性を確認する」ことにあるのです。志望動機や自己PRをうわべだけで取り繕っていないか?本当に熱意を持って採用されたいと思っているのか?など、場合によっては圧迫してくるかのように「本音」を聞き出そうとしてきます。

まとめ

役員面接というと企業のトップや重役を前にするため、緊張してしまうのは仕方がありません。しかしながら今までの努力を無駄にしないためにも、謙虚な気持ちで役員面接に臨むようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ