アパレルの面接で自己PRをするときのコツ

アパレルの面接で自己PRをするときのコツ

スポンサードリンク

アパレル業界への就職はファッションやお洒落に興味がある人なら、誰でも1度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

お気に入りアパレルブランドのショップスタッフとして働きたいと面接で自己PRする人もいれば、本社での企画・制作をやってみたいと自己PRされる人もいることでしょう。

しかし自分の思いを伝えるだけの独りよがりな自己PRでは、アパレルの面接では評価されません。そこで今回はアパレルの面接で好印象を受ける自己PRのコツをご紹介します。

1.言葉づかいに気をつける

ショップスタッフとして働くことを希望しているなら、面接での丁寧な言葉づかいは最重要ポイントだと心得ること。アパレルの販売員にはフランクな言葉づかいで接客する人もいますが、それはお客さんとの信頼関係が既に築かれていることが前提なのです。

言葉づかいの悪いショップスタッフがいるだけで、アパレルブランド全体のイメージに悪影響を及ぼしてしまうということを認識しましょう。

スポンサードリンク


2.ブランドへの思いを伝える

数あるアパレルブランドの中から、そのブランドを選んだ理由を述べましょう。アパレルブランドの特徴、イメージ、長所などはもちろんですが、母体となる企業への研究も十分に行っていることをアピールするのです。注意点としては「単なるブランドのファン」だと判断されないようにすること。

3.アパレルブランドの伝道師になる

多くのアパレル企業が欲しがる人材は、ファンを増やし続けることができる「ブランドの伝道師」なのです。たくさんの商品を販売することができるスタッフは魅力的です。それ以上にブランドのファンを増やすことができるスタッフは、さらに魅力的だということを覚えておきましょう。

まとめ

アパレル業界からの転職者であれば、業界の特徴や風土を理解していると思います。未経験者がアパレルの面接で自己PR場合はこれまでに培ってきた知識や経験を、アパレル業界でどのように活かすことができるのかを伝えるようにするとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ