面接の質問で失敗したことについて聞かれた場合。

面接の質問で失敗経験を聞かれたときの答え方

スポンサードリンク

面接の質問では「これまでで最も失敗したことを教えてください」などと失敗経験について質問してくることがあります。

面接で自分の失敗経験を話すことは採用に不利になりそうで誰でも躊躇してしまうものです。

しかし採用側が知りたいのは失敗した内容そのものではありません。

そこで今回は面接の質問で失敗経験について聞かれる理由と上手な答え方をご紹介します。

採用側の意図 : 失敗から何を学び、その後どのように活かしているのか?が知りたい

採用側が知りたいのは失敗そのものではありません。ミスした後にあなたはどのように改善していったのかを知りたいのです。人間ですから失敗やミスをするのは当たり前。

スポンサードリンク


しかし大事なのは、その後に実行した改善までのプロセスなのです。

失敗やミスの原因は何だったのか?どのような判断が失敗につながったのか?改善するためにどのような行動をとったのか?失敗から最終的に学んだものは何か?これらのことを分かりやすく簡潔にまとめて、面接官に伝えるようにするとよいでしょう。

まとめ

面接の質問で失敗経験についてきかれたときに注意する点があります。それは「同じ過ちは繰り返さない」という姿勢をアピールすることです。ミスの原因を分析し改善策までとっているにも関わらず、何度も同じ失敗を繰り返すようでは教訓を全く活かせていないからです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ