公務員面接で着ていくべき服装と色について。

公務員面接の服装で選ぶべき色とは?

スポンサードリンク

公務員の面接で着ていく服装は当然ながらスーツです。しかし公務員の面接対策用の参考書には稀にスーツの色が指定されていることもあり、実際に着ていく服装の色に迷いが生じている応募者もいるようです。

そこで今回は公務員の面接で着ていく服装についてご紹介します。

【結論】 紺、黒、グレーなどの落ち着いた色のスーツであれば問題ない

結論からいいますと公務員の面接の合否を、着ているスーツの色で決めることはまずあり得ません。もちろんあまりにも奇抜な格好とかですと採用に躊躇する可能性はありますが、一般的な会社員が着用しているような色合いの服装であれば問題ありません。

しかしながら真っ黒の無地スーツは冠婚葬祭のイメージが強いため、控えておいた方が無難です。

スポンサードリンク


オススメは紺色のスーツ

ビジネスの世界では「スーツは紺に始まり紺に終わる」という言葉があり、紺色は数ある色の中でも最も信頼感を与える効果があることで知られています。紺色のスーツは顧客からの信頼を得やすいことを知っている営業マンは、自ら好んで紺色のスーツを着る傾向があります。

信頼を必要とする保険業や投資関係の会社などのイメージカラーも、実際に紺であることが多いのです。これらの事実を踏まえた上で、公務員の面接には紺のスーツで挑んでみてはいかがでしょうか?相応の効果が得られる可能性がありますので十分に試す価値はあります。

まとめ

公務員の面接では、社会人としての常識ある服装であれば特に気にする必要はありません。もちろんネクタイもスーツと同様の考え方で色や柄を選ぶようにしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ