ディズニーの面接で採用されるためのコツを3つ。

ディズニーの面接に受かるコツ3つ

スポンサードリンク

ディズニーの面接(キャスティングサテライト)を受けに来る応募者は、根っからのディズニーファンであることがほとんどです。皆一様にディズニーのゲストという立場からキャストとして働きたいという想いなのでしょうが、応募者の数はなんと年間10,000人以上にも上るといわれています。

さらにディズニーの面接に受かる倍率はおよそ10~20倍とかなりの高倍率ですから、ディズニーのキャストとして採用されるためにはそれなりの対策をとる必要があります。そこで今回はディズニーの面接に受かるコツをご紹介します。

1.とにかく笑顔を絶やさないこと

ディズニーのキャストはどんなときでも笑顔を絶やしません。ゲストの前にいるときだけ笑顔でいればよいという考えではなく、キャストであるためには笑顔は不可欠なものという考えだからです。顔が緊張でこわばってしまっても構いません。笑顔を絶やさずにいることがディズニーの面接に受かるコツだと心得ましょう。

スポンサードリンク


2.秋口の求人を狙うこと

春や夏と比べると秋口は応募者の数が圧倒的に少なくなります。そのため秋口に応募するのもディズニーの面接に受かるコツとしてとても有効的です。ちなみに秋口の倍率はおよそ5倍程度といわれています。

3.長時間勤務ができることをアピールする

ディズニーだけに限ったことではありませんが、やはり長時間勤務ができる応募者は採用されやすい傾向にあります。6時~23時半の範囲で勤務できることをアピールすれば、それだけ多くの職種に採用されやすくなります。

まとめ

ディズニーの面接に受かるコツとして今回は3つをご紹介しました。これに加えてディズニーで働くには「ディズニールック」とよばれる、服装や髪型などの身だしなみが重要視されていることを念頭に置いておきましょう。

ディズニーランドで実際にキャストとして働くとなると相応に大変な思いもするかもしれません。しかしながら人に夢を与えるという経験ができる最高の職場であることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ