公務員試験の集団面接では、このようにアピールしてください。

公務員試験の集団面接で評価されるコツ

スポンサードリンク

公務員試験の集団面接とは同時に複数の応募者が面接を受けるスタイルで、グループ面接ともいわれています。面接官の質問に対して順番に答えることもあれば、指名や挙手で答えることもあります。

多くの応募者が感じてしまうことなのですが、公務員試験の集団面接では他の応募者の発言や行動が自分よりも優れているように感じられます。それが原因で萎縮してしまい本来の力が発揮できなかった…などということがないように、公務員試験の集団面接を受けるときに評価されるコツをご紹介します。

コツ1.独自性をアピールすること

集団面接の質問に対して、他の応募者と同じような回答をしていると面接官の印象には全く残りません。最近の公務員試験は人物重視の傾向が強くなっています。画一的ではない独自性のある人物が求められているということですから、オリジナリティーを打ち出して面接官の記憶に残るようにしましょう。

スポンサードリンク


コツ2.協調性をアピールすること

コツ1で独自性が大事だと説きましたが利己的ではいけません。他の応募者の意見にもしっかりと耳を傾けて、同意できる部分は同意する姿勢をアピールしましょう。同意した上で、あなたのオリジナリティーある意見を付け加えることができると評価されやすくなります。

まとめ

公務員試験の集団面接で評価されやすくなるコツは、あなたに独自性と協調性が備わっていることをアピールすることです。公務員試験の集団面接は個別面接と違い、その場で他の応募者と相対的な評価が行われます。質疑応答の内容だけでなく、姿勢や表情なども簡単に見比べられる状況にあることを忘れてはなりません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ