面接で答える自己PRと長所はどのように使い分ける?

面接で答える自己PRと長所の違いとは?

スポンサードリンク

面接において多くの応募者が戸惑いをみせてしまうのが、自己PRと長所の違いです。確かに面接で答える自己PRと長所は、話す内容が似通ってしまうような気がします。ところが、自己PRと長所は似ているようでちょっと違うのです。

面接においては全く質の違うものと認識してアピールする必要があります。それでは自己PRと長所を答えるときには、どのように使い分けて話せばよいのかをご説明しましょう。

自己PRは採用側から見てメリットとなることを話す

自己PRを述べるときは、採用側から見てメリットとなることを話してください。自己PRとは自分自身を売り込むセールス行為のこと。自分が持っているウリ(セールスポイント)が採用先のメリットにつながるように自分自身をセールスしなければなりません。

スポンサードリンク


長所は自分の中で優れているポイントを話す

長所を述べるときは、自分の立場から見てメリットと感じるものについて話してください。周りがどう思おうが関係なく、自分の中で優れていると思っていることで構いません。

まとめ

このように自己PRと長所を区別して考えていくと、あなたのもつ長所の中のいくつかが採用先のメリットにもつながることに気付くはずです。それがあなたのセールスポイントです。例えば「打たれ強い」という長所をもつ人が営業の面接をする場合、「何事にもひるむことなく契約を取りにいく」というようなセールスポイントとして自己PRをすることもできるということです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ