面接が私服のときは、この格好がオススメです。

面接が私服だった場合のオススメの格好

スポンサードリンク

面接を私服で行う企業が、ここ最近増えてきているようです。就活の面接といったらこれまではスーツ姿が当たり前だっただけに、「本当に私服でいいのか?」「結局はスーツの方が無難かも?」「自分だけ私服だったらどうしよう…」などと、とまどいを感じている応募者はたくさんいることでしょう。

それでは、実際に面接に私服で行く場合は、一体どのように対応すればよいのかをご説明します。

オフィスカジュアルなら問題なし

いくら私服でOKとはいっても、あくまでも面接だということを忘れてはなりません。面接を私服で行う場合、企業は応募者の一般常識を見ていますから、いくらなんでも派手すぎる格好は控えておきましょう。

スポンサードリンク


このような面接の場合は、ジャケットを羽織るなどオフィスカジュアルな服装であれば全く問題ありません。ホワイトやサックスなどの、明るさを感じる色合いでコーディネートするとよいでしょう。

まとめ

面接を私服で行うことに対して、多くの応募者が困惑気味です。しかし、実は企業側も試行錯誤中だということを知っておくとよいでしょう。これまで一般的でなかったシチュエーションだけに正解を求めてしまう気持ちも分かりますが、あらゆる状況に柔軟に対応できる人を企業は望んでいます。

また、この面接のためにわざわざ新しい洋服を買い揃える必要はありません。あまりにもボロボロな状態であれば話しは別ですが、清潔感があれば手持ちの洋服で十分です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ