圧迫面接を受けたときの上手な対応策をご紹介します。

圧迫面接の対応策を3つご紹介します

スポンサードリンク

圧迫面接とは、面接官がわざと威圧的な態度で質問をしてきたり、面倒くさそうな態度で無関心を装ったりして応募者の反応を見る面接方法です。応募者にとっては精神的ダメージが大きいため、できることなら遭遇したくない面接方法でしょう。

しかし、それでも一定の割合で圧迫面接に出くわしてしまう可能性はあります。そこで、もし圧迫面接を受けてしまったときでも冷静になれる対応策をご紹介します。

1.そもそも、本当に圧迫面接なのかと考える

実は応募者が勝手に圧迫面接だと思い込んでいるケースもよくあるようです。面接の質問に対して、応募者の回答が抽象的だったり、質問の意図とかけ離れた回答をされたようなときは面接官も強く追求してしまうことがあります。圧迫面接だと早急に結論づける前に、そのときの質疑応答の内容やシチュエーションを冷静に見直してみてください。

スポンサードリンク


2.圧迫面接をするのは、応募者に見込みがあるサインだと考える

圧迫面接は面接官にとって簡単そうな手法に見えますが、実は簡単ではありません。圧迫面接をするには、「応募者の話す内容の相違点」や「回答に対する突っ込み具合」を見つける必要があるので、応募者の話す内容に集中していないとできないからです。

意外にも高度なテクニックを要する圧迫面接は、全く興味のない応募者には行われないと思ってよいでしょう。つまり、あなたが圧迫面接を受けるのは、採用側があなたに見込みがあると判断したからなのです。圧迫面接に屈することなく、自信を持ち堂々とした態度で応対ください。

3.笑顔で質問を受け流す

圧迫面接では、あなたにストレス耐性が備わっているかどうかをチェックします。面接官の挑発するような言葉にいちいち反応してしまうのは、向こうの思うツボだと心得ましょう。圧迫面接の対応策には色々とありますが、笑顔で受け流すことが一番有効なのです。

まとめ

万が一、圧迫面接に出くわしてしまったときは、見込まれているチャンスだと思って上記3つの対応策を活用してください。何をどう言われようとも笑顔でいることを心がけていれば、圧迫面接は必ず乗り切れるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ