公務員の面接でアルバイトについて質問されたときの意図とは?

公務員の面接で「アルバイト経験はありますか?」と聞かれた場合

スポンサードリンク

公務員の面接でアルバイト経験について聞かれたときに備えて、「どのようなアルバイトをしていたら有利ですか?」と疑問に思う応募者がいます。ですが、その疑問が起こるということは本来の質問の意図を理解していないということです。

やっていたアルバイトの職種は、この質問には関係ありません。それでは、公務員の面接で「アルバイトの経験はありますか?」という質問をされたときの意図は一体何なのでしょうか?ポイントはこの2つです。

1.アルバイト経験から何を学んだのか?

公務員という仕事は、特に社会貢献への意識の高さが求められています。アルバイトで学んだ経験が社会全体に活かせるようなことを、実際のエピソードを踏まえて話すと効果的です。

スポンサードリンク


2.その経験を公務員という職業にどう活かすのか?

例えば接客のアルバイトをされていた人なら、「お客様は必ずしも言葉で要求してこない」という意味がよく分かると思います。つまり、自ら積極的にお客様に向き合おうとしなければ、満足のいくサービスは提供できないということです。

公務員という職業を見ていると、これまでのように単に事務的な手続きをやっていればよいという時代は終わりつつあるように感じます。そういった背景を踏まえた上で、接客のアルバイト経験で学んだことを伝えるのです。例えば「住民の意見を汲み取り、積極的に業務に取り組むことができる」などのように伝えるとよいでしょう。

まとめ

公務員の面接でアルバイト経験について質問されたら、上記の2点にフォーカスして答えるようにしてください。アルバイトで学んだことが、社会全体に貢献できるようなイメージで話すことがポイントです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ