面接で緊張して話せないのは、それほど本気だから。

面接で緊張して話せないとお悩みのあなたへ

スポンサードリンク

面接で緊張し過ぎて上手に話せない…、頭が真っ白になってしまう…、震えが止まらない…、中には涙まで出てしまったという人もいるほど、面接で緊張し過ぎることに悩まれている応募者は星の数ほどいるようです。

エントリーシートを何枚も書いてやっと面接にまで漕ぎ着けた人もいれば、切羽詰った状況で何としてでも面接をクリアしなければならない人。様々な人がそれぞれの想いを秘めて望むのが面接です。

正直なところ、面接で全く緊張しないという人は「本当に志望しているのか?」といった疑問さえ沸いてしまいます。本気度が高ければ高くなるほど緊張の度合いは増します。緊張によって話せなくなるのは、とても自然なことなのです。だからといって「リラックスが大切です」と言葉をかけられても、それができないから悩んでいるわけですよね。

そこで、「面接で緊張して話せないことは、実は大した問題ではない」ということを伝えるために、1つ大事なポイントをお教えします。それは…

スポンサードリンク


面接では、今できることを精一杯やろうとする姿の方が大切

あなたが面接のときにやるべきことは「できることを精一杯やること」の1点のみ。他の応募者が面接で堂々と話している姿を見て、ますます萎縮して話せなくなってしまう人もいるかもしれません。ですが、怖気づく必要は全くないのです。

面接官は数多くの応募者を見てきていますから、あなたが緊張して上手く話せなくなっている状態だということは見抜いています。そこで大事なのは「その状態でベストを尽くそうとしているかどうか?」ということ。つまり、一生懸命さをチェックされているのです。

まとめ

面接で緊張して話せないのは、それだけ本気で志望しているという証拠でもあります。上手く話せなくても構いません。それに、そもそも緊張しているからという理由で不採用になることは、まずあり得ないので安心してください。そのときにできることを精一杯やる姿は、必ず面接官に評価されるはずです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ