面接での短所は答え方次第で評価を上げることができます。

面接での短所の答え方 ※デメリットをメリットに見せる方法

スポンサードリンク

面接ではあなたの性格についても質問されます。とくに「短所は何ですか?」や「長所は何ですか?」といった質問は多いようです。面接での短所の答え方には、もちろん採用担当者に評価されやすくなる答え方が存在します。

その答え方とは、これまで書いてきた記事にもあるとおり面接の質問に隠された本当の意図を知ることです。つまり、面接で短所を聞かれた場合、採用側が知りたいことは「あなたの短所そのもの」ではなく別のことにあるのです。それは…

自分自身への理解度

面接で短所について質問されたら、短所そのものではなく「自分自身のことをどれだけ理解しているのか?」について質問されていると思ってください。面接での答え方のポイントは、「採用側にメリットがあるように答えること」です。

つまり、短所でさえも「メリットがあるように見せる」答え方が必要だというわけです。少し疑問に思ってしまうかもしれませんが、実は採用担当者に評価されやすい短所というものがあるのです。一体どういう短所かといいますと…

スポンサードリンク


長所が極端になりすぎたもの

これは「長所の裏返し」ともよばれるものです。長所と短所は表裏一体といった考え方がありますが、面接で短所を答えるときには必ずこの考え方で短所を導き出してください。答え方の例を1つ挙げてみます。

例えば、「集中し過ぎると周りが見えなくなる」といえば短所のように聞こえますが、「一心不乱に一つのことに集中できる」といえば長所のようにも受け取れます。面接で短所を聞かれたときは、このように表裏一体の答え方が理想です。

まとめ

短所を述べるときに気をつけるべきことは、「長所の裏返し」になるものを述べることです。「遅刻癖がある」とか「約束が守れない」というような短所は、もはや非常識なことですから社会人として人格が疑われてしまいます。答え方次第で、採用に不利になりますので気をつけてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ