派遣の面接で着ていく服装にはシチュエーションで選んでください。

派遣の面接で着ていく服装の選び方

スポンサードリンク

派遣の面接にはどのような服装をしていくのがよいのでしょうか?派遣の面接では応募者が持つ常識度を、着ている服装からもチェックされていると思ってください。応募先によっては着用していた服装が原因で、その場で不採用を告げられることも珍しくありません。

そうならないためにも、ここで派遣の面接には一体どのような服装をしていけばよいのかをお伝えします。

派遣会社の面接(登録)に行く場合

カジュアルな格好でも清潔感があれば、その服装で問題ありません。派遣として働くには、まずは派遣先に登録する必要があります。この登録も面接を兼ねていることには間違いないのですが、このような場合は私服で構いません。もちろん、穴の開いたジーンズや派手すぎる服装、アクセサリーをじゃらじゃらと身に付けることもNGです。

スポンサードリンク


派遣先への面接(顔合わせ)に行く場合

実際に働く職場になる派遣先へ面接(顔合わせ)に行く場合はスーツが無難です。ただ、作業服があるようなブルーカラーの職場への面接に行く場合は、現場の雰囲気から私服の方がよい場合もあります。もし迷うようであれば、派遣元の担当スタッフに直接聞くとよいでしょう。

まとめ

今回の記事で、派遣の面接に行くときには、どのような服装をすればよいのかが見当が付いたかと思います。派遣社員、正社員、契約社員、アルバイトなど働き方は様々ですが、どれも社会人として働くことには変わりがありません。一社会人としてTPOをわきまえた服装をすることが大切です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ